生活態度を改めて大人ニキビを完治

| コメント(0) | トラックバック(0)
私は十代の頃、ニキビに悩まされることはほとんどありませんでした。
ピーナッツなど脂肪分の強いものを食べると、額や顎の下にポツリと一つ二つ出来るくらいで、それも二日もすれば自然に治ってしまいました。
ところが短大を卒業して就職した頃からニキビに悩まされるようななりました。
そのため酵素洗顔やクレアラシルを塗って治そうとしましたが、なかなか完治しません。
逆にいろいろやり過ぎて肌が荒れ、とくに油分を取り過ぎてしまって目もとが乾燥で酷いことになってしまいました。
そしてニキビも酷くなってしまいました。
皮膚科にも通いました。しかし処方されたぬり薬をつけても、いいのは一時だけです。
ただ同じく処方されたビタミン剤は効きました。
正確には効いていると感じられました。理由は体の調子がよくなったからです。なんとなく怠いとか、イライラしていたのがかなり治まりました。
私は生活態度を改善することにしました。
それまでは会社の人達と三日に一度飲みに行っていたのをやめ、夜はシャワーだけで済まさずお風呂に浸かり、七時間以上の睡眠をとるようにしました。
あとはチョコラBBを飲んで、大好きなファーストフードや唐揚げなど、脂肪分の多い食事を控えるようにしました。
すると、一週間もしないうちに効果が現れました。新しいニキビが出来なくなり、もとからあったニキビもどんどん赤みが失せて薄くなりました。
一ヶ月後には、ニキビはピカピカの肌が戻ってきたのです。
考えてみれば、就職した当初はストレスのせいか便秘が続き、しかも夜は遊び歩いて睡眠不足になっていました。
これでは体の調子がおかしくなるのも当然です。ニキビが毒素として吹き出したのだと思います。"

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://puente.m12.coreserver.jp/mt/mt-tb.cgi/1203

コメントする

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、プエンテが2013年8月 4日 13:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベジブロス」です。

次のブログ記事は「育毛剤で母の髪がフワフワになりました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ